営農型太陽光発電設備: 将来に向けて新たなビジネスモデル

営農型太陽光発電設備は気候変動の時代におけるかすかな希望の光です。これは土地を農業と太陽光発電の両方に使用することを指します。これまで、農地と野立て太陽光発電システムのほとんどは、別々に存在していました。この2つの形態の土地利用を意図的に組み合わせると、プラスの影響があります。

作成者: Birgit Scheuch (guest post), , 0 コメント